2018年02月19日

よかった時も悪かった時も (No.2006)


平昌オリンピック、たくさんの感動が生まれていますね。

昨日、スピードスケート500mで金メダルをとった小平奈緒選手、
金メダルが決まった後が何ともかっこよかったです。

インタビューで、私が1番心に残ったのは、

「どうしてそんなに自信を持って臨めたのですか?」
と聞かれて

「よかった時も悪かった時も、私のことを認めてもらえたからだと思います。」
という言葉でした。

「金メダルをもらうのは名誉なことですが、どういう人生を生きていくかが大事になると思う。」
とも。


本当にそうだな。

私も、どんな時にもいつも変わらず見守ってくれてる人がいるよな。

だから、ダメな自分も大好きでいられる今の自分がいるんだな。
そしていろんなことに挑戦していけるんだな。

なんて、金メダル取ってないですけど思いました。

私も、大切な人をどんな時も見守れる人になりたいな。

お口はちょっとつむって、おいしいご飯を作ろう!!


P.S いよいよ明後日は、知多でワークショップ。


posted by kazumi at 21:02| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする