2018年03月05日

みんなちがってみんないい (No.2020)


わたしと小鳥とすずと

  わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。


金子みすずさんの有名な詩ですが、
先日も紹介したトレーを見ていると、そうだなあとしみじみ思います。

DB81F070-E918-428A-9F3D-D662C23F4EF0.jpeg


一個一個表情があって、みんな個性があって。

人(私)はどうしても好き嫌いがあって、自分の思うようにしたがるけれど、
それぞれの個性を認められる人になれたらいいなあ。

そんな穏やかな社会がいいなあ。

などと思う、のんびりしたお休みでした(^^)


P.S 明日も断捨るぞ!




posted by kazumi at 20:54| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする