2018年09月29日

焼きおにぎり (No.2148)


今日は母の命日。
私が20歳の時、46歳で亡くなった母。
もう37年もたったんだ。

あまりに辛くて、約20年間母の死について語ることができず。

母は、料理が得意な方ではありませんでした。

カレーを作れば、辛すぎ。

かわいいお弁当など作ってもらったことはなく、
おかずなんて何一つ覚えていない。(ごめんよ母)

バスケの試合会場で、お弁当箱開けたら「ガンバレ」って
塩昆布で描いてあって、慌ててふたを閉めた思い出とか。

4957A8F0-6C31-4935-846E-D874FD9B68F9.jpeg


サンドイッチなんて作ったことがないのに、たまに作ったのが
千切りキャベツとハムかなんかと、私の大嫌いなチーズが細かく刻まれた、おしゃれ感ゼロのだったり。

時々作ってくれた焼きおにぎり。

あの頃は、あんまり好きじゃなくて、またこれか!なんて思ってたなあ。
最近、急に母の焼きおにぎりを思い出すようになり、今日作ってみたら・・・

いやあ、全然上手にできないよ( ・∇・)
甘くみてた、焼きおにぎり。

A2031042-F360-4DB7-9946-AAA8466D02E9.jpeg


でも、同居人とそんな話をしながら、おいしく食べました。

どんなふうに作ってくれてたんだろう?

今ならよくわかる。
愛がいっぱい詰まってたんだなあ。
いつだって。

ありがとう💕

もっといっぱい、ありがとうって言っておけばよかったな。

でも今は、たくさんの人たちに「ありがとう」「ありがとう」って言える毎日。

たくさんの愛をたくさんの人にもらって生きてます(o^^o)

だから安心しておくれ✌️



P.S どうか台風の被害が大したことありませんように。


posted by kazumi at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: